スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイキックが出来る理由は呼吸にあり ~呼吸重視の振り子運動~

  
呼吸 と リラックス による ハイキックが出来る理由 について

前回は 自分自身の問題 (自主トレーニングで養える 主に身体操作を高める)の            
1、理想的な蹴り脚のあげ方 は、呼吸を使い、担ぎ上げる お話しをしました。

レミ顔写真 img_434382_25744022_0[1]


今回は 呼吸 についてお話しを進めます。

実技を後で紹介しますが、その前に

① 呼吸重視の振り子運動
② 呼吸重視の身体にフォームを教え込む

この2種類あり、 この2種類を理解する事で 蹴り技の8割が達成されます。
目標と手段 がブレない事が大切です。

 
それでは、呼吸重視の振り子運動はどの様に行うか 

着眼1 呼吸と動きをどう繋げるか

例えると、ブランコを後ろから押す場合も、ブランコが自らの重さで振り子運動しているのに
力まかせに押しても、ブランコに乗っている人のバランスを崩してしまいます。
逆に弱く押しても目的は叶いません。

理想は愛する我が子が、少しずつ少しずつ、ブランコの振り子で、
その風を感じ、空気抵抗を感じ、スピードを感じ、高さを感じさせてあげれたのなら
その子は何からでも、何かを得る力を養えるのです。

わたしたちは紙飛行機を飛ばす時、飛行機の重さと微細な空気抵抗を察知して飛ばします。
それも極々普通に行います。

以上のように感じながら自然に行うことが大切です。



自分自身の問題には、他に下記があります。

2  重要なのは、蹴り脚より 軸足の付け根と足の裏

3  蹴りのフォーム時に呼吸は何処に どの様にされているか


自分と相手との問題 (条件反射、生理的反応 行動心理学を 他者からの協力により養える )

1 自分の攻撃が相手に悟られ無い初動作をどこから生むか 

2 自分の攻撃が相手に成功する例と 失敗する例

3 攻撃が成功する寸前に失敗をするのは何故か?


次回は、自分自身の問題 
≪着眼2 振り子蹴りをする時、呼吸は吐くのか?吸うのか?≫についてお話しをします。

--------------------------------------------------------------------------------
インターネット生放送番組にて、呼吸とリラックスのトレーニングを毎日紹介しています。

 いざ!という時に緊張して、自分の能力が発揮できなかった、
 イライラしてトラブルになってしまった、
 心の状態が不安定で落ち着かない……など、
 誰にでもある心や環境に影響されてしまう時。

そんな時の心を理解しておくことで、次にやってくる更なる緊張や苛立ちに対処できるようになります。
自分を知ることから始まるトレーニングです。

夜10:30~10:57 インターネット(ユーストリームを使用)で会員様へ限定配信中。
オープニング期間中ですので、ひと月 4000円 で視聴出来ます。
月の途中からの申し込みも可能です。諸事情があると思いますので、登録は本名ではなくて大丈夫です。

多くの方から反響があり、嬉しいです。引き続き会員募集しております。
下記より気軽にお問い合わせ下さいませ。

問い合わせ   systemayamanasi@yahoo.co.jp  070-5585-0021 (永井レミ) 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わっしょい
プロフィール

systemayamanasi

Author:systemayamanasi
加藤久弦、永井レミは、2011年ブラディミアより『IIT』の資格を頂き、指導しております。

システマ山梨代表:加藤久弦は、2011年11月末より2012年6月初旬までトロント本校(カナダ)にシステマ留学をし、現在一時帰国しております。
練習内容は、トロント本校の最新トレーニングを行っています。

システマ山梨 問い合わせ

070-5585-0021(レミ)

systemayamanasi@yahoo.co.jp

練習日等、お問い合わせ下さい。

合同練習及び、ご希望の方は単発のマンツーマン指導可能です。

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。