スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16日のザイコフスキーのセミナー

P1040588.jpg

16日 日曜日 ザイコフスキーセミナー

今回のセミナーで2つの「確信」が出来ました。
「確信」というより、「核心」です。
つまり、システマの本質に触れちゃったわけです。

ばんざーい  ばんざーい

1つは9月にザイコフスキーに稽古をつけてもらった際、
ちんぷんかんぷんでした。
大西 亮さんに「いい稽古をつけてもらって、いいねー」と
言われましたが、ちんぷんかんぷんは、ちんぷんかんぷんのままでした。
が、11月のピーター・アナツォーネに稽古をつけてもらってから
理解度が増し、今回はザイコフスキーの動き、また稽古の意味が
理解出来ちゃったわけですよ。
4ヶ月の間で進歩が確認出来たのは、本当に嬉しかったです。
今となって振り返れば、過去のセミナー、ジャパンの練習も
同じことをやっていることにも気付きました。
理解出来なくてもシステマは素敵ですが、
理解出来て、尚もシステマは素敵です。

もう1つの「核心」は
システマの動きはスローなので、私の心の中で
競技スポーツには対応出来ないと思うところがありましたが、
今回のセミナーで他の格闘技(打撃、グランド)をやっている
ファイターが参加していて、ザイコフスキーに挑んでいました。
ザイコフスキーは呼吸も動きもそのままで、息も切らさず
ファイターを退けました。何度も何度も。

私はそのファイターの力量を肌で感じたく思い、
パートナーを願い出ました。
その時は30秒の間でナイフを取り合う、ガッチガチの
ファイトです。
何せナイフを取られた人はプッシュアップですから。
ナイフバトルを7~8セットで、ファイターとは
勝ったり負けたりでしたが、私のファイトスタイルといったら

無呼吸・動き続けない・姿勢が悪い・リラックスをしない

といったシステマの4原則を完全に無視した戦いでした。

結果、分かったことは
4原則を守らなければ、勝ったり負けたり。
4原則を守れば、息を乱さず退けることが出来る。

やり続ければ、システマは必ず自分のものになる。
スポンサーサイト
プロフィール

systemayamanasi

Author:systemayamanasi
加藤久弦、永井レミは、2011年ブラディミアより『IIT』の資格を頂き、指導しております。

システマ山梨代表:加藤久弦は、2011年11月末より2012年6月初旬までトロント本校(カナダ)にシステマ留学をし、現在一時帰国しております。
練習内容は、トロント本校の最新トレーニングを行っています。

システマ山梨 問い合わせ

070-5585-0021(レミ)

systemayamanasi@yahoo.co.jp

練習日等、お問い合わせ下さい。

合同練習及び、ご希望の方は単発のマンツーマン指導可能です。

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。